ニット女子のつれづれ日記
編むこと編むもの編んだもの
靴下編みとコロナ禍とわたしの手
編み物本を編む ルーエル通り39番地 情報ブログ

【旅の記憶】アランセーターの国、アイルランド・ダブリンで体感した「アイルランド人の母性」

2021-09-09

編みもの 旅の記憶

投稿日 2018-09-09 更新日 2021-09-09

アランセーターと母性

※引用:「海の男たちのセーター」古いアランセーターの写真を元に、復元されたセーター

ナンパ

20代前半、2人旅。夏から秋にかけての2ヶ月弱、ヨーロッパをバックパッカーで周っていました。

「ついに、着いたね~♪」と感激しながら、ダブリン駅のホームを歩いていると、アイルランド人のお兄さんに声をかけられました。

「うちに泊まりませんか?」

え、え~っ? 何? はて? どゆこと?

と、この後の展開が気になるあやしいやりとりなのですが、あっさりと結論を書いちゃいますと(書いちゃうのか笑)、そのご家族のご自宅を、今でいう民泊のように開放されていたのです。

水平線

フランス・シェルブールからフェリーで、アイルランド・ロスレアへ。18時間の船旅のため、船中で一泊。船酔いしてもどしながらも、陽が沈んでいく丸い水平線を眺めては、地球は丸いんだなあ...と感激していました。

港に着いたら、列車でアイルランドの首都ダブリンへと揺られます。列車の窓越しに眺める緑の森は、まさしくケルトの妖精たちが住んでいるようでした。

数時間後、無事にダブリンの駅に感激の到着。夢心地での到着間もなくのナンパ!(あ、違った)

ドッキリな言葉とは裏腹に、素朴な感じの大学生くらいのお兄さんです。他にもすでに誘われている旅人さん達がいます。

ではでは、「熟慮の直感のOK」を信じ、私たちも気ままな旅なので、お誘いにのっかることにします♪♪ 

マダム

宿泊先のマダム(最初に登場したお兄さんの母親)は気さくで優しくて、部屋に遊びに来ては、聞き取れないアイルランド訛りの英語で、たくさん話してくださいました。

他に、アメリカ人の女のコや、イギリス人のご夫妻、フランス人の男性が、同じ時に泊まっていました。

お風呂は共同で順番なので、異国の体臭のことや、誰か間違えて途中で入って来ないかしら?とか、20代女子ならではの心配をした記憶があります。

毎朝の朝食は、かちかちに焼かれた固~いベーコンと目玉焼きだったことも懐かしいです。

数泊させてもらって、私たちは北アイルランド・ベルファストへの旅に向かうために、さよならを告げました。

日本からの小さなプレゼントを、おばさん(マダム)は、愛情いっぱいの大きな喜びのリアクションと共に、ガラスケースに飾ってくれました。

f:id:rue_rouelle39:20180909105044j:plain
※アイルランド・ダブリン[DUBLIN ROAD]での1枚。閑散としていて、いつも風が舞っていた風景を思い出します。1枚だけ写真が見つかったのだけど、なんてことのない構図すぎ...。写真は、真面目に探せばどこかに束で入り込んでるはずなんだけど。はず...笑

無計画

かくかくしかじか、北のベルファストに滞在して数日後。すでに勝手にマイホーム感を抱いているダブリンの街へと、再び南下して来ました。

「今度はB&B(ベッド&ブレックファースト)にも泊まってみようね~」って、慣れた感じで軽~く話していました。

んが、もちろん無計画。まさか、戻ってきた日のダブリンが、ラグビーかの何かの大会開催日なんて知る由もありません。

街は、昼間っからギネスの黒ビールとともに盛り上がっていて、いや、出来上がっていて、どのB&Bを訪ねても訪ねても訪ねても、空いている部屋はありません。

ノック

途方に暮れた私たちは、意を決して歩きます。泊まれる可能性があるのは1か所だけ。そこにかけるしかない。

住所を教えてもらっていたので、地図を頼りに、「初めてのおつかい」のような勇気と涙がブレンドされたような気持ちで、街外れの民泊おばさん(マダム)の家へ向かいます。

はあぁああ~、帰りついたぁ~~~;;;泣きたい。脱力感。でも、まだ本当の到着ではありません。

イギリスと似た雰囲気が香るブルーの木製のドアを、コツン、コツン、と叩いてみます...。

「どうか、部屋が空いていますように!!!!!」

夕暮れ

”あらあら、お帰り。どうしたの?” 

......

最後の望みはむなしく、沈没~。部屋は満室~。

”泊めてあげられないけど。でも、ちょっと座って待ってなさい。妹の家にたずねてみるわね。

...ごめんなさい。無理だって。あ、ちょっと待ってて。他にも...。”

夕暮れの時間帯、そう言いながら、身勝手な旅人をなんとかして助けてあげようと、何十分も何軒も、知り合いの方に電話をしてくれました。

結果、全滅-----っ。 

ベッド

その時、「よしわかった!OK!OK!」という感じで、「今夜は私のベッドで寝なさい」と、おばさん自身の部屋を開放してくださったのです。

スプリングがギシギシと鳴る広いベッドでした。半泣きで寝ました。

翌朝、おばさんはいつも通りの涼しく優しい顔で、私たちのかちかちベーコンと目玉焼きを用意してくれていました。それは、まさに母親から感じるものでした。

あぁ、もっと語学力があれば、どんなに感謝しているかを伝えられるのに...。

アラン

ただの若い無鉄砲な旅人は、遠い遠いアイルランドで、こんなにも親切にしていただいたのでした。芯から純朴で道徳的な国民性でいらっしゃるのだろうと思います。日本人と似ているのじゃないかと思う。

アイルランドの女性。アランセーターを真面目にこつこつと、きれいなレリーフになるように編みあげるニッター気質。みなさん、母性のかたまりなのだろうと思います。

f:id:rue_rouelle39:20180921134910j:plain
※引用:「海の男たちのセーター」ダブリンのミュージアムに所蔵のアランセーター

もう会えることはないかも知れないけれど、朝食のベーコン、深夜のベッド、おばさんがアルバムと一緒に話してくれた家族のこと...。すぐそこにあるような、今も生きている宝物の旅の記憶。

あの時のすべてに感謝を込めて♥  f:id:rue_rouelle39:20180704213145j:plain

 (追記)素朴な国で、風がカサカサ吹いていて、街中の舗道ではマッチ売りの少女(お姉さん)が歌を歌っていました。ギリギリ旅だったけど、アイルランドセーターと緑のクマさんぬいぐるみを買って旅のお供にしました。また行けたらいいなぁ。そしたら、おばさんちまでまた歩いてみる。またきっと、そんなのびのびとした世の中に戻りますように★

☆雨のち晴れ. どうぞ大切な一日をお過ごしください.ご訪問ありがとうございます~♡

PVアクセスランキング にほんブログ村 

たりるんブログの画像文章の転載引用は固くお断りいたします

たりるんでした٩( ''ω'' )و ダイスキ!

♪雨の匂いも風の匂いもあの頃とは違ってるから. 4年目から書き連ねるすっぴんたりるんのつれづれ日記です.こちらも可愛がっていただけたら嬉しいです.みんなでまぁるい世界へ進めますように☆彡 

*About Me

自分の写真
ヴォーグ学園(棒針/かぎ針/アフガン/機械編み)経由、ニットブランド育ち

★【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地 は、編み記事が充実しています

★晴れまる は、混沌とした時代を柔らかく強く生きるたりるんのマニアックな手帖です
スキ!PVアクセスランキング にほんブログ村

晴れまる*New Arrival

晴れまる*Google

晴れまる*Archive

たりるんへ*Contact to

名前

メール *

メッセージ *

優しく柔らかく強く生きよう.。.:*・゚

小学2年生の通知表に「おっとりとした少女です」と書いてあった女のコは、大人になって「たりるん」になりました(*‘∀‘)

*著作権に関するお願い

編み図・編み方などの内容は、個人でご自由にお楽しみいただければ嬉しいです。ただ、ブログ内の画像・文章はたりるんの著作物です。無断転載引用・ピンタレストPIN作成は固くお断りいたします。個人ブログにリンクを貼って頂くことは問題ありません。

QooQ