晴れまる

続【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

【たりるん日記】コロっち支援金とほしいもの



つれづれ経理日記

コロっちとお金

国からの緊急事態宣言下、影響を受けた人、事業をしている人、や、いろいろと、国はお金を支援してくれます。

欲しいのは、「支援より、日常。」なんだけど、支援に当てはまる時は、ありがたく手続きをしています。

経産省から「一時支援金」と言う支援があることを、なんと、本来の締め切り日である5月31日に知りました。

事務局に電話をして、2週間延長申請が出来るような形で、IDを発行しました。

この支援がね、持続化給付金でサギっちゃった方々がいたために、不正請求を防ぐ目的で、提出前の「事前確認」という段階を踏まなくてはいけなかったの。

事前確認は、税理士さんや行政書士さんに、2年分の事業の実態や帳簿・通帳を見てもらうなどなどという確認です。

#事前確認難民というワードがあったらしく、事前確認に高い報酬を求められたり、見てもらえる先生に巡り合えなかったり、的な。



無料で診てくださる先生方には、国から1件当たり1000円の報酬が出る、いや、わずか1000円しか出ないらしく、その金額で、多忙な中、誰かの過去2年分の帳簿や本人確認をするなんて、責任も発生するし、大変ですよね。

先生方は、ボランティア精神がなければやってられなかっただろうし、個人事業主側は、高い報酬での依頼は躊躇するし、無料や良心的価格の先生が見つかるか? 確認してOKがもらえるか? 顧問の税理士先生や税務署以外に帳簿等を見せることへの不安もつきまとうし。

上級国民が考えるシステムってこんな風にナゾで、今回はなぜか、仲良く暮らす下々同士が、お互いに不満や不安を抱くかもしれない仕組みになっている気がしました。



f:id:rue_rouelle39:20210610015239j:plain



うん。

でも、世の変わり目だから、偉い方々の不思議な政策や言動も変わっていけばいいなぁと思うし、宣言下による影響での支援や援助は助かります。

日常が戻りますように。飲食店に関しては特に戻してあげてほしい。



そんなこんなの怒涛の1週間でした。

申請を済ませた夜に、感謝しながら、やっとほっとぐっすり眠れました。笑



ほしいもの

母にもなかなか会えないので、母が好きそうな夏用のワンピースを見つけに行きました。

なんかね、よくしたもので、イメージ通りのドンピシャがありました。

誰かに似合うものを見つけるのは、目の前にその人がいなくても、一度でも会ったことがあれば、サイズ感も含めて、少しばかり得意なのです。

自分はなにか欲しいかなぁと思うのだけど、ウェアはUSAビンテージものが、今の心境には一番心地よいし力になるし、なにもほしくならなかった。



みんなが互いのためを思って、優しくま~るく、知らないけど「江戸時代の日本」のようになれるのなら、そんな空気感だけがほしい。

あとね、日々編める分の長~いひも状のものさえあれば。

江戸時代に日本に来たイギリス人?が、「貧乏なのに笑って仲良く暮らしている日本人」を見て、「この人種はなんなんだ?敵わん!」と脅威を感じたらしいです(∩´∀`)∩


それではまたね。今日も笑顔でまいりましょう◎f:id:rue_rouelle39:20210512102640j:plain 






◎まる~い世になりますように
f:id:rue_rouelle39:20210505235700g:plain



☆雨のち晴れ. どうぞ素敵な一日をお過ごしください.ご訪問ありがとうございます~♡



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村