晴れまる

続【編み物本を編む】~ルーエル通り39番地

【編み物はむしろ男性の仕事だった!】編み物技術シリーズ『アラン模様』(昭和の編み物本)より


f:id:rue_rouelle39:20210519124400j:plain

編み物本

編み物技術シリーズ #15『アラン模様』

こちらも昭和に、日本ヴォーグ社から発行されたレトロ本です。

1,2年くらい前だったかな?フリマで譲っていただきました。

中身もきれいで良い状態の古書です。

全ページ白黒ですが、紙がやや厚くて上質なので見やすいです。

アランにまつわる話、模様の解説、作品(ウェア・小物・靴下)が掲載されています。

編み物技術シリーズの中でも、入手出来てよかったなぁと思う好きな一冊です。

この本は人気本で、今書店に並んでいても、ジャケ買いしそうです。

昭和45年発行なので、ジャスト1970年。

'70のファッションらしくスタイリッシュなのです。

モデルさんも当時の人は、大人っぽくてきれいだなぁと思います。

掲載されているアランは、タイトでどれも素敵です。

いつか編んで記事にしま...。おほほ。


衝撃!編み物は男性の仕事だった!

さて。その『アラン模様』の、2ページから。

今日はね、「聞いて聞いて~」と大声になりそうな、しょ、衝撃の、し、新事実があるので、引用させてください。

いやっ、しますっ!


f:id:rue_rouelle39:20210519124744j:plain


読めそうですか? ブルー枠です。

イギリスに編物が入ったのは、
14世紀の前半期と言われていますが、
当時編物をする人は男性で
羊の群れの見張りをしながら編んだり、
漁師が舟に乗っている間に
自分のものや家族のものを作ったりしていました。

編み物は女性の仕事であるというよりも、
むしろ男性の仕事であるという伝統は、
~(中略)~
糸を紡ぐのは女性の仕事だけれども、
編み上げるのは男性の特権と思われていました。

f:id:rue_rouelle39:20210513225108j:plain


知らなかった~。

だから、広瀬先生、嶋田先生、橋本治さん、存じ上げませんが、堀ノ内さんも、田沼さんも、男子の皆さん、圧倒的なんだな~。

なーんだ。

なーんだ。

編み物遺伝子が、7世紀も前から「男性」のものだったとは。


国も時代も違うが、ペーターが編んでいて、ハイジとクララは眺めてたのね。

ペーターのとっくりも
クララのカーディガンも
ハイジのマフラーも
おじいさんのチョッキも
ペーターのお手製だったのよ。


今後は、編み物男子をデフォルトとします。異議なし!


f:id:rue_rouelle39:20210514132818j:plain


『毛糸だま』では、「編み物女子」が特別枠になります。異議なし!

女子は、やっとやっと編んでいるのですよぉ~。(あ、若干1名ですが)

編み物女子、特別扱いしてくださぁ~い笑 


最後に。

ピンクの丸枠のところ。見えますか?

【ガンジー】が、【グァンシー】と表現されていて、むしろ英語表記(Guernsey)に近い気がしてる。




いろいろと、なんか楽しいf:id:rue_rouelle39:20210512102640j:plainふふふ♡


www.rue-rouelle39.com


◎14世紀と同じ地球~でゆーらゆら))
f:id:rue_rouelle39:20210505235700g:plain



☆雨のち晴れ. どうぞ素敵な一日をお過ごしください.ご訪問ありがとうございます~♡

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物(個人)へ
にほんブログ村

※※※
たりるんブログ内の画像・文章の転載引用、ピンタレスト作成は固くお断りいたします.
※※※